ボレアス鯖で航海中の紳士海賊Miguelの紳士的生活をレポートしていきます。 果たして、海賊の名に恥じない残虐行為をしていくことができるのでしょうか…ミ(ノ`∀´)ノゲ

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010-05-31 Mon 01:09
紳士海賊物語第4話~再起をかけて、そして~
ナタールの港はいつも平和であった。
行き交う人々は皆顔見知りで、朝は挨拶の声が鳴り響く。
市場の行商の声は相変わらずよく通るし、交易商の相場表は相変わらず潮風で傷んだままだ。
たまにEUから航海者が訪れては補給のみで去っていくのであった。

実はここ数ヶ月海に出たことはなかった。
船は部下が丁寧に手入れをしていたし、ロンドンからはハワードが定期報告を入れてきており、世界情勢もつかんでいた。
しかし、相も変わらずあの女の詳細情報は手元に届くことはなかった。

海にでも出ず、花凛も追わず何をしていたか。

次世代へ向けての自分の在り方を考えていた。
聞けば昨今の海戦は新型戦艦の登場や、諸技術の発達によって昔と比べると驚くほど変化していた。
当時最強の攻撃力をを誇った戦列艦は、その装甲を厚くした装甲戦列艦にとってかわられ、
攻撃力を維持したまま機動力を大幅に向上させたロイヤルフリゲート、また造船屋の弛まぬ努力によって造船技術が発達し、今では船主の希望通りの船が誕生していた。

政治ではオスマントルコが列強入りを果たし、その勢力は野蛮ながらも拡大し続けている。
そして、極東の国、日本が3港を開港したことにより、従来の香辛料や宝石ビジネスを許さなくなったのだ。

こうした状況の中で海賊もまた変化を求められていた。
かつては商船相手に意のままに略奪していた白兵戦が、各国の働きかけにより甲板での一騎打ちを正義とする条約が締結されたことや、造船技術により数で勝っていても撤退せざるを得ない状況が生まれ始めた。
こうした条約により以前から活発に活動していた名だたる諸海賊は、敵船での一騎打ちに敗れて死亡したり、採算が合わないという理由で姿を消していったのだ。

今現在活動している海賊は筋金入りで、そうした状況は関係ないのだろうが。。。
紳士海賊物語第4話~再起をかけて、そして~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 紳士海賊物語 | コメント:4 | トラックバック:0 |
2010-05-18 Tue 04:35
紳士海賊報告~懲りない海賊業~
Let's ミ(ノ`∀´)ノゲる♪

皆様、ご機嫌うるわしゅう。

09


ついに日本上陸!

10

台湾にも上陸!

いつも果敢に立ち向かう勇気をもっていたいものです。


さてさて、、、、


ジャカルタでの出来事。


花凛ちゃんと待ち合わせをしていたら、なにやら言い争いが聞こえてくるではないですか。。。


とある英国紳士「ぜひ、勝負をしましょう。」
とある海賊A「う~ん」
とある英国紳士「賞金は返しますから^^」
とある海賊B「うちら弱いですよ」
とある海賊A「いやです(´・ω・`)」

(´・ω・`)

(´・ω・`)

(´・ω・`)

なんだか穏やかじゃないですなあ。
紳士海賊報告~懲りない海賊業~の続きを読む
別窓 | 紳士的日記 | コメント:7 | トラックバック:0 |
2010-05-11 Tue 01:10
紳士海賊報告~Let's ミ(ノ`∀´)ノゲる♪~
Let's ミ(ノ`∀´)ノゲる♪

皆様、ご無沙汰でございます。
07

もうすっかり海の藻屑と成り果てたと思われていても仕方ありませんな。
それに近い状態。。。

半年振りにこのブログの管理をしてみたら、なんと、なんと、まあ。

B鯖の大海賊さんからブログ友達の申請が来ていたではないですか(  ̄ロ ̄)!!
その大海賊さんが誰かって?
誰でしょう???

気づいたのが半年後、、、申し訳ないっす!!
ということで、復帰です。(頻度は落ちますが。)

紳士海賊報告~Let's ミ(ノ`∀´)ノゲる♪~の続きを読む
別窓 | 紳士的日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
2009-07-11 Sat 02:08
紳士海賊物語~第3話「戻ってきた日常」~
時間というものは都合がいいもので、
討伐事件以来、ようやく日常が戻ってきた。

「そこの船、停船せよ!」

この呼びかけに対し、多くの船は停止する。
皆無用な血を流すことは望んでいないのだ。

私は、ある特定の国家に恨みがある訳でもないし、
かといって英国の国益を考えて海賊をしている訳でもない。
ましてや、日々闘争の中に身をおくほどストイックで野蛮なタイプでもない。

単純に生計を立てる為である。
友人の中には真面目にビジネスをこなし、巨万の富を得たものも少なくはない。

しかし、フィリバスタという海賊が職業である以上、私のビジネスはあくまで収奪になるのだ。

02_20090710024757.jpg


もう一つ、海賊行為を続けるのには理由があった。

あの女の所在を掴む為だ。
紳士海賊物語~第3話「戻ってきた日常」~の続きを読む
別窓 | 紳士海賊物語 | コメント:7 | トラックバック:0 |
2009-07-08 Wed 02:28
紳士海賊物語~第2話「予感」~
嫌な流れというものは引きずるものだ。
あの花凛という女に出会ってからというもの、
私の持っていた流れというものが一気に変わってしまった。

不思議なもので海賊にもルールがある。
「一度討伐されたものは、一定期間海賊行為を働いてはならない。」
この様だ。

01.jpg



海に出るなり、私を横目に商船が悠々と船出していく。
私はこの街では海賊というよりは、用心棒として慕われていた。
はずだった。。。あいつが現れるまでは。

討伐されてから、住民の私への視線は、好意から敵意に変わっていったのだ。
皮肉なものだ。討伐される前の方が評判がいいとは。

一方でロンドンでの噂も気になった。
「紳士海賊が生きていた!」
「いや、紳士海賊もどきに違いない。」
というものならばともかく、

「スペイン人の女相手に逃亡した!」
「借金取りの女に泣きすがったあげくに討伐された。」
だの、
「紳士海賊という名を売って、もう貧死状態らしい。」
とか、ひどいものは、
「スペイン人の女は元恋人で、逃げられたことを逆恨みし、襲撃したにも関わらず敗北した。」
という、思わず笑ってしまうほどのものもあった。
あの女、去ってなお、私にダメージを与え続ける。。。
紳士海賊物語~第2話「予感」~の続きを読む
別窓 | 紳士海賊物語 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 海の上でMiguel | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。